ホームページ制作 川崎 横浜

バレエ留学 アステック

コラム

初歩のインターネット(その2) ホームページを見るしくみ

【目次】
1初歩のインターネット(その1)  インターネットとは
2初歩のインターネット(その2)  ホームページを見るしくみ
3初歩のインターネット(その3)  ホームページを公開しよう


 

前回のコラム(インターネットとは)でも書いたように、

 

インターネットとはサーバー同士のネットワークで、個々のパソコンは、プロバイダーのサーバーを介して、世界中のWEBサーバーと間接的につながっています。

 

さて、パソコンでホームページを見るときにはどんな事が起きているのでしょう。

テレビやラジオの場合、空間に無数の電波が飛び交っています。

 

各局の電波は、それぞれ固有の周波数になっていて、私たちはチャンネルやチューナーを操作して、見たい聞きたい局の電波を捕まえています。

 

ホームページの場合、周波数ではなく、各ページに固有のアドレスがついています。

http://☆☆☆☆☆.com

 

みたいなやつです。

 

このアドレスをURLといいます。

 

 

ホームページも電波のようにインターネット上を無数のホームページデータが飛び交っているかと言うと、そうではありません。

あなたが見ようとしているホームページは、世界中のどこかのサーバーの中にあります。

そのホームページのファイルを、あなたのパソコンの中に持ってきてみているのです。

 

どうやって?

 

例えば、、

 

あなたがNTTdocomoのホームページを見ようとおもい、Googleで検索すると、

NTTdocomoホームページという結果が表示されます。

そして、このタイトルをクリックすると、ドコモのホームページが開きます。

 

実はこの、『NTTdocomoホームページ』と言う文字には

〈a href=”http://nttdocomo.co.jp“〉

と言うプログラムがくっついてます。
※ http://nttdocomo.co.jpは、ドコモのホームページのURL(アドレス)です。

 

このプログラムは、

『クリックされたら、http://nttdocomo.co.jpと言うURLのホームページを持ってきてね。』

と言う命令を、

パソコンがつながっている、プロバイダーのサーバーに送るものです。

 

パソコンから命令を受けたサーバーは、世界中の全てのサーバーに向けて

 

『おーい、誰かhttp://nttdocomo.co.jpのホームページを持ってませんかあ?』

 

と叫びます。

すると、ドコモのホームページが置いてあるサーバーが、

 

『ああ、それならうちにあるよ。  ほれ、どうぞ!』

 

と投げてくれます。

 

そしてあなたのプロバイダーのサーバーは、

 

『お待たせしましたぁ』

 

とパソコンにホームページを渡してくれます。

 

こうして、

インターネット上のたった一つのサーバーに繋がっていれば、世界中の全てのサーバーの中にあるホームページを取り寄せる事ができるのです。

 

さあ、次はあなたのホームページをインターネットの世界で公開してみます。
次の記事へ>>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

記事検索

人気記事

まだデータがありません。

アーカイブ

月別一覧
年別一覧

ホームへ戻る

当社へのお問合せ
有限会社テクニカル プロデュース
神奈川県川崎市中原区小杉町1-533
お電話でのお問合せ メールでのお問合せ