ホームページ制作 川崎 横浜

バレエ留学 アステック

コラム

3初歩のインターネット(その3)  ホームページを公開しよう

【目次】
1初歩のインターネット(その1)  インターネットとは
2初歩のインターネット(その2)  ホームページを見るしくみ
3初歩のインターネット(その3)  ホームページを公開しよう


 

あなたのホームページは、

あなたのパソコンの中にあっては、

誰も見る事は出来ません。

ホームページの全てのファイルをサーバーの中に置いておくことで、インターネットにつながっている世界中のバソコンからあなたのホームページを見る事ができます。

 

と言うことは、、

ホームページを公開するには、まず自分ようのサーバーを用意する必要があります。

サーバーにホームページを置く作業は多少の知識がいりますから、制作会社にまかせましょう。

サーバーを用意する事も制作会社が代行してはくれますが、サーバーの内容を把握して置ける方が良いと思います。

まず、サーバを用意すると言っても、自分でサーバーコンピュターを設置するなんてのは非現実的です。

ほとんどの場合、サーバーのレンタル会社からサーバーを借りてホームページを置きます。

サーバーを借りると言っても、

レンタル会社があなたの事務所までサーバーコンピュターをエッサホイサと運んでくるわけではありません。

データセンターの中にあるレンタル会社が保有するサーバーコンピューターを使う権利をレンタルするわけです。

 レンタルサーバー会社から借りる事が出来るサーバーは一種類ではありません。

プランによってレンタル料金も様々です。

内容は、容量や機能で細かく分かれますが、レンタルサーバーは大きく分けて、

共用サーバーと専用サーバーに分かれます。

共用サーバーとは、、、

一台のサーバーの中を間仕切りして、複数の契約者で使うものです。

マンションの部屋を複数の人が賃貸契約をしているイメージです。

専用サーバーは、、、

ビルを丸ごと借りるイメージです。

共用サーバーのメリットは、まずレンタル料金が安いこと。

そして、サーバーに必要な様々な機能も初めからセッティングされてますので、レンタルしたその日からすぐに使う事が出来ます。

加えて、サーバーの管理者はレンタル会社なので、24時間管理してもらえ、サーバーに障害が起きた際にもすぐに対処してもらえます。

しかし、賃貸マンションと同じで、初めから用意されている機能以外はあまり自由度はありませんし、容量も限られています。

賃貸マンションは管理人さんがいて、エントランスも廊下もいつも綺麗にされているけど、部屋はあまり広くなく、勝手に部屋を改造する事も許されないのと同じです。

専用サーバーは、ビル丸ごと借りるわけですから、どのようなサーバーに仕上げるかは自由ですし、その容量も膨大です。

しかし、レンタル料金は高額になります。

管理者も自分になりますので、全ての管理も自己責任です。

サーバーコンピュターを借りても、まずサーバーとして機能させる設定から日々の管理まで全て自身てやらなくてはならないので、専門の知識を持ったスタッフを雇用するか、業者への保守管理の依頼が必要です。

現在は共用サーバーでも、上位のプランなら充分な機能と容量を備えてますので、殆どのホームページの運営は共用サーバーで足りると思います。

記事検索

人気記事

まだデータがありません。

アーカイブ

月別一覧
年別一覧

ホームへ戻る

当社へのお問合せ
有限会社テクニカル プロデュース
神奈川県川崎市中原区小杉町1-533
お電話でのお問合せ メールでのお問合せ