» 求人効率化
「求人広告を載せても全く反響がない」
「求人広告に膨大な経費がかかる」
「何を改善してよいのか見当もつかない」
現在、多くの業種では慢性的に人手不足の状態です。
根本的に需要より供給が少ない状況では、確実に人材を確保できるという手段は残念ながら存在しません。
よほど魅力的な条件を並べない限り、どのような高額な求人コストをかけても採用に至らないといったリスクはつきものです。
それでもなお、求人広告を掲載しなければ人材を確保することは出来ないので、
費用をドブに捨てる覚悟で求人サイトを利用している企業様・店舗様が沢山おられます。
求人特化検索エンジンでコストを削減
求人広告は、紙媒体から求人サイトへ、そして今は求人特化検索エンジンへと移り変わっています。
求人特化検索エンジンとは、「インディード」「求人BOX」などを代表とする、
ネット上の求人ページを集めて検索できる新しい求人媒体です。
いわば求人ページのGoogleとも言えます。

求人検索エンジン上では、月額数十万円の求人サイトのページも、自社のホームページの求人ページも
全く同等に扱われます。

つまり、、
求人検索エンジンから自社求人ページへ誘導するテクニックを積み重ねていけば
高額な求人費用から脱却することが出来ます。
求人費用をかける時代から求人テクニックを磨く時代へ
グーグルのキーワード検索で表示されるのにグーグルへの料金がかからないように、求人検索エンジンに登録されても費用は0円です。
しかし、効率的に求人を行うにはスポンサー掲載を行います。
スポンサー掲載有料ですが、自社の求人タイトルが1クリックされる毎のクリック課金(クリック単価は自由に設定できます)ですので、
費用が発生 = 求人ページが見られた
と言う明確な費用対効果がわかります。
例えば、
求人ポータルサイトの場合、200,000円の広告費を使っても果たして何人の求職者に見られているかが不透明です。
もし、100人だったとすると、、1クリック=2,000円 と言う単価になってしまいます。
求人検索エンジンで1クリック=200円に設定し、同数の求職者にアピールしても費用は20,000円という事になります。
また、求人検索エンジンは費用面のメリットだけではありません。
独自のアナリティクスで自社求人ページの検索結果への表示回数、クリック率、応募率、さらには検索キーワードまで様々なデータを日別に取得できます。
こうしたデータを分析することで、どんどん効率の良い求人方法を身につけることが可能になります。

最もクリック率の良い期間(求職者の動きが多い)タイミングに、的確なクリック単価で自社の求人ページを露出させる

当社に出来ること
まず、求人検索エンジンに自社求人ページへのリンクを張ります。
検索エンジンサイト内の求人票ページだけの掲載なら誰にでもすぐに掲載できます。
しかし自社の求人ページへのリンクをつなげるには、そのページが”検索エンジンのガイドラインに沿った作り”である必要があります。
また、そのページの作りの良し悪しで自然検索の掲載順位も変わってきます。
有料掲載を使うにしても、表示ポジションは自然検索の順位が基準になります。

当社では、お客様の業種と求人内容に応じて、求人特化検索エンジンに対して最適化された求人ページをご提供しています。
また、ご要望に応じて求人アナリティクスのデータの分析や改良へのアドバイス等を行う事で、お客様が今まで一人の採用にかけていた単価を3分の1程度に削減することを目標としています。
もちろん当社への報酬で削減分が消えてしまうようでは元も子もありません。

お気軽にお問合せください。
お客様のご要望をお聞きし、制作企画とお見積りのご提案いたしますのでご検討ください。
 044-711-8100

PAGE TOP