ホームページの管理者

新規のお客様からよく受けるご相談で

 

「ホームーページを作った社員が退職してしまい、何も更新ができなくなった」

「前任者がいなくなって、サーバー情報も何も分からなくなった」

「以前にホームページを制作してもらった制作会社と連絡が取れなくなった」

など、管理者がいなくなってしまったというご相談が多々あります。

 

通常の静的なHTMLサイトなら、サーバーのFTP情報さえあれば検証が可能ですが、ワードプレスなどのCMSサイトとなると厄介です。

ましてサーバー情報もわからない状況ではかなり厳しい道のりになります。

 

当社も小さな会社ですので、お客様に納品する際には、こうした後々の管理の事を念頭に置いています。

まず、ホームページに関する各種情報は納品時にお客様にお渡しして保管してもらいます。

 

内容としては

・サーバーのFTP情報

・データベースのSQL情報

・ワードプレスの管理者アカウント

 

の3点セットです。

 

また、当社は他の方がホームページを変更する事を想定して、ワードプレスの構築を極力通常のHTMLサイトの形式に近づけています。

通常汎用のワードプレステーマは、HTMLやCSSの知識がない方でも管理ページから画面を構築できるように、レイアウト用の記述が沢山埋め込まれています。

言い換えれば、ホームページのレイアウトやデザインまでもデータベースに格納されているために、テンプレートのソースを見ても全容が見えてこないという事です。

テーマの仕様をそのまま使って構築されているなら、ワードプレスのログイン情報さえわかっていれば管理ページから編集が出来ますが、ちょっとカスタマイズされていたり、スタイルシートを追加されていたりすると、検証だけで膨大な時間がかかり、それに伴って費用もかかってまいります。

当社の場合は、各テンプレートをなるべくHTMLソースで構築するようして、CMSが必要な個所だけPHP関数を埋め込んでいます。

つまり、あらかじめ仕様で決めた更新箇所以外は、お客様の方ではデザインやレイアウトは変更する事ができません。

しかし、ほとんどのお客様はご自身でデザインまで弄ろうという方はいらっしゃいません。

逆にお客様のほうで弄れてしまうと、レイアウトを崩してしまわれる可能性が大です。

こうした作りをすることで、万が一他の方が管理をするようになっても、HTMLやワードプレスの知識がある方ならそれほど時間をかけずに全体像検証する事が可能です。

ホームへ戻る

お気軽にお問合せください。
お客様のご要望をお聞きし、制作企画とお見積りのご提案いたしますのでご検討ください。
 044-711-8100