» ワードプレスホームページを制作した際の通信速度の改善
ワードプレスホームページを制作した際の通信速度の改善

ワードプレスでホームページを運用すると、同じHTMLソースの静的なページと比べるとどうしても通信の速度は不利になります。

その理由として、通常のHTMLページの場合はブラウザがサーバー上にあるHTMLファイルを直接読み込んでくるのに比べ、ワードプレスホームページの場合はHTMLファイルがサーバ上に予め置かれていないためです。

データーを圧縮して通信量を減らす

ワードプレスホームページを制作するときは、静的なページを制作する時以上にページの軽量化を意識しなくてはなりませんが、画像の圧縮を大きくする、サイトデザインを簡素化すると言った方法を通信速度のためだけに必要以上に行う事は本末転倒な気がします。

ある程度ユーザーが耐えられる速度を基本的な作りで確保したうえで、後もう一声改善したい時に試してみるのが

GZIP圧縮による通信データの圧縮

です。

GZIPとはサーバーとユーザーの端末間でやり取りされるデータを圧縮してデータ量を減らすという方法です。

GZIPはmod_deflateのモジュールが使える有名どころレンタルサーバーなら大抵使えるはずです。

ここから先は、ご興味がある方だけお読みください。

 

GZIPを使うには難しい設定は必要ありません。
mod_deflate モジュールがインストールされているサーバーなら.htaccessに記述を加えるだけで使用可能です。

記述するソースはネット上にいくつかサンプルを提供している優しい方がいますのでググってみればよいかと思います。

ただし、一つだけ注意点があります。

サーバ側でドメインにWebアプリケーションファイアウォールがかかっていると動作しません。

この場合は各サーバーのコントロールパネル解除してやる必要があります。
私は、これに気づかず悩みました。。。

ホームへ戻る

お気軽にお問合せください。
お客様のご要望をお聞きし、制作企画とお見積りのご提案いたしますのでご検討ください。
 044-711-8100

PAGE TOP